UiPath Today x UiPath AI Expo 2.0 に登壇しました

UiPath RPA event speaking
0 Comments
Tweet

UiPath社が開催していた “UiPath AI Expo 2.0” のコンテンツのひとつで “UiPath Today” とのコラボレーションコンテンツである、掲題のセッションにゲストとして登壇しました
セッションタイトルは 「”ミルクボーイがRPAを説明したら”の裏側に迫る ~RPAに少しでも興味がある人にお届けするUiPathのススメ~」 ということで、ひじょうにライトな内容でお話しさせていただきました。

登壇のきっかけ

セッションタイトルに含まれている “ミルクボーイがRPAを説明したら” を2月に投稿しました。この投稿はQiitaにも上げているのですが、当時人気の投稿としてウィークリーで発信されるダイジェストメールでも紹介されまして、9月上旬の時点で 30,000 viewsに達しているものです。

当時はM-1グランプリからひと月ほど経っていましたが、技術界隈でも “ミルクボーイが●●を説明したら” というテーマで記事やLTをされている方がいました。それらを見て、「RPAで同じことやったらウケるかな」という軽い気持ちがポッと浮かび、調べたところまだ誰も書いていなかったので、通勤中の電車内を使ってベースとなる掛け合いのネタを出し、その後に構文を調べて填めていくという進め方で記事を作りました。少しは話題になることを期待しつつ書いたものでしたが、自分の予想よりは見ていただけたので、当時それなりにいい気分だったことを思い出します。

そんな記事が、UiPath社の方々の目に触れ「社内でも話題に」なったそうで、このネタを使ってひとつ話をしてくれないか、ということでお声掛けをいただいたのがきっかけです。

登壇してみての感想

どんな感じになったのかは、アーカイブをご覧いただくのが早いと思います。このコンテンツはライブでの配信でしたが、改めて見直してみると「とても緊張しているなあ」と自分でも感じますね……。

実際、ひじょうに緊張していました。これまで個人としてコミュニティイベントでの登壇は何度かしていましたが、今回はUiPath社のオフィシャルなコンテンツになるので、さすがに軽い気持ちでしゃべるわけにはいかないな、という思いがありました。またコミュニティイベントでの登壇はこれまでオフラインでやっていましたが、今回はオンラインで、オーディエンスのリアクションが見えないというのも難しいと感じたポイントでした。

とはいえ話したかったことは一定話せましたし、トータルではまあ70点くらいかなー、なんて思ってます。

チャット欄での質問への回答

このコンテンツはライブチャットがついており、いくつかの質問にはリアルタイムで回答しましたが、すべての質問へは回答できませんでした。何とか余裕が出来たので、質問と思われるチャット投稿をピックアップしてこの場を借りて回答しようと思います。

質問と回答

  • (質問)岩崎さんがRPAの中でもUiPathを選んだ理由は?どのツールを選べばいいか判断基準を知りたいです
    • 私の場合は、会社で複数のツールを取り扱っていますが、当時e-Learningによってイージーに学習できたツールがUiPathで、それを手始めに利用したことがきっかけです。
    • ツールの選定基準を一概に設けることはむずかしいですが、ビジネスの視点からいえばRPAに求めるもの(目的や効果)やRPAジャーニー(進め方の道のり)をはっきりさせることが重要だと考えています。
  • (質問)岩崎さんがRPAを始めたきっかけについて、お聞かせいただけないでしょうか。
    • これまでのキャリアのなかで、シンプルで量が多い作業の遂行や、手作業によって非効率になっている業務を目の当たりにした経験がありました。また会社で当時RPAをソリューションとして取り扱っており、これからニーズが増えてくるだろうという個人の考えから、社内公募制度を利用してジョブチェンジしたことがきっかけです。
  • 【質問】UiPathがWinActorより優れている点は?
    • 開発視点では、技術的に自動化可能な範囲が大きいと考えています。また開発自体の効率化のためのさまざまなソリューションも提供されています。
    • 利用・運用視点では、さまざまなユースケースに合わせたライセンス形態・新規ソリューションが提供されていて、よりニーズベースであると考えています。
    • ただしこれらの視点は、結局のところユーザーのニーズに合致していなければ意味を持ちません。その点では、実際に何をもって「優れている」と評価するかは難しいです。
  • 【質問】ACの承認履歴をみてみたいです。
  • 質問:他のMVPの方と何か一緒に取り組んでいる企画とか交流とかあるんですか?
    • UiPath Friends の各イベントで企画・運営を協力して行っています。
  • 【質問】UiPathやってみて良かったことは、何でしょうか?
    • ひとことでいえば「自信を持つことができた」です。この自信というのは、もう少しいえば他者からの評価ですね。
  • 【質問】ミルクボーイのネタを越える次のネタも計画中でしょうか。(楽しみです)
    • ことしのM-1グランプリ次第ですね……。
  • <質問>10月に企画されている年次カンファレンに岩崎さんは出演されるでしょうか?
    • 参加します!
  • 【質問】岩崎さんが実業務で自動化されている業務はどんなことがありますか?
    • 私自身の業務の自動化はほとんどありません。私のロールとして、主にお取引先様の業務の自動化を支援しているからです。
    • 「これまでに自動化したもの」という観点でいえば、業種・業態もさまざまですし、業務の種類も多岐にわたります。
  • 【質問】Uipathを素人でもわかる作成方法ってどこかで確認できるのでしょうか
    • UiPath Academyを活用いただくことが一番かと思います。書籍などもありますのでお調べになると良いかと。

最後に

チャットの中にあったコメントで笑いました。


おかんが言うには、おとんは言うたことすらやってくれへんらしい