[UiPath][.NET]ちょっとした関数・アクティビティのメモ

RPA UiPath .NET 関数 アクティビティ
0 Comments
Tweet

Remark

This article is repost of Qiita.


なにこれ

「あれ、このメソッドって何返すんだっけ?」とか、「このデータって何のメソッド使うんだっけ」をすぐに思い出せるようにするためのメモ。
どんどん追記していきます。


  • Directory.GetFiles(str)
    • str配下にあるファイルのフルパスを、配列として返す
      • 配列として返すため、配列の生成が完了するまでは読み込めないらしい
        • EnumerateFiles(str)だと、列挙型で返される+途中でも読み込めるらしい
    • 検索パターンやサブフォルダ検索もできる
      • https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.io.directory.getfiles?view=netframework-4.7.2
  • Path.GetFileName(str)
  • Path.GetFileNameWithoutExtension(str)
  • Path.GetExtension(str)
  • Path.GetDirectoryName(str)
    • strに含まれるファイルパスから、それぞれメソッド名に書かれた情報を抽出する
    • 思ったよりも、GetFileNameWithoutExtensionとGetExtensionの使いみちが多い気がする
      • ファイル名の末尾と、拡張子(.)の間に文字を入れたいとき
        • str.replace(".", str2 & ".")のほうがスマートかな
        • ダメだった。↑これだと”.”が複数あったときの挙動が困る
  • “Filter Data Table”で、抽出条件に当てはまるデータが存在しない場合
    • エラーとはならない。Output DataTableには行数ゼロのデータが格納される
    • データが含まれるか否かは、DataTable.Rows.Count > 0で判定できる
  • And/OrAndAlso/OrElseの違い
  • “Merge Data Table”の挙動
    • 当たり前なんだろうけど、変数作っただけの状態のDataTableはマージに使えない
    • 最低限、defaultでnew DataTable()をやっておく必要がある
  • “Excel Application Scope”のOutputを指定した場合の挙動
    • 明示的に”Close Workbook”を行うまで開きっぱなしになる
    • 関連して、同じWorkbookを3回以上使うときに2回目以降の利用時にOutputを指定する必要はない
      • 指定しなくても、すでにWorkbookApplicationに保存されているので閉じられない
  • セレクタに変数を利用する
    • “Edit Selector”は利用できない
    • Propertiesの入力欄で入力するしかない
    • あるいはXAMLファイルを直接いじるほうが早いかも…
  • 日付データの変換
    • 文字列→型(String to DateTime)
      • Convert.ToDateTime(str)
      • CDate(str)
      • 上記いずれもDateTime型で返される
    • 型→文字列(DateTime to String)
      • datetime.toString
        • 書式指定もできる。
          • datetime.toString(“yyyy/mm/dd”) → 2019/06/27
          • datetime.toString(“g”) → 06/27/2019 00:00